服部研究室

ソーシャル・イノベーション研究を通じて、社会問題解決手法の開発を行っています。 専門は、公共政策、公共経営、非営利組織論、社会起業論。
研究テーマは、

  • ソーシャル・イノベーションのプロセスと普及、
  • 社会起業家精神と公共経営
  • 持続可能な地域コミュニティとライフスタイル

主なリサーチクエスチョンは以下の通り。

都市の豊かさとは何か、
持続可能な社会にむけた多世代共創、ライフスタイルとは
養蜂を媒介としたコミュニティの創出は可能か、
社会セクターにおけるリーダーシップとは、
地域の復興は住民主体で進めることができるのか、
多世代の合意形成によるまちづくりは可能か、
伝統文化を日常のものとするにはどうすればいいか、
若者は伝統文化をどう受容するのか

研究室では協働プロジェクト/研究会/社会実験を推進しています。

  • 同志社ミツバチラボ。ハニカム研究会。
  • 都市養蜂全国ネットワークー銀座ミツバチプロジェクトほか
  • 学生PRESS【受け継がれる熱量】の発行-日本政策金融公庫西陣支店ほか起業家の方々。
  • 京都コンソーシアムPBL科目―京都市動物園生き物・学び・研究センター。
  • グリーン社会とソーシャル・イノベーション研究会
  • 日本ソーシャル・イノベーション学会企画。
  • 復興の架け橋プロジェクトなど

研究室メンバーの受賞について

ソーシャル・イノベーションコースでは、導き出した仮説を社会実験するアクションリサーチを行います。その結果や成果を分析し、実装することを目指しています。この過程を論文にまとめ社会に政策提言を行います。

多様な社会実験に対して得た受賞について一部紹介します。

西堀正さんが代表を務める「吉祥院体育振興会」。
活動・テーマ:つながろう。わがまち吉祥院!「GPSアートで描いてウォーキング」
2021年度「健康長寿のまち・京都いきいきアワード2021・スタートアップ賞」受賞しました。
顕彰団体:京都市及び健康長寿のまち・京都市民会議。

琵琶博之さん(NPO法人夢検定代表理事)
令和4年度東久邇宮記念賞
顕彰団体:東久邇宮記念会・NPO法人発明研究会