同志社ミツバチラボとは      

ミツバチラボとは、養蜂を通じたコミュニティの社会実験です。巣箱は京都の御所から500メートルの位置、西陣エリアの屋上にあります。

2019年、5月15日、銀座ミツバチプロジェクトから1群を分けていただき同志社大学総合政策科学研究科ソーシャル・イノベーションコースの有志、そして、世界にネットワークをもつ創業支援のインパクトハブ京都とともに開始しました。

①地域コミュニティの創発、②そのエリアの社会課題の探索、③伝統と革新手法によるヴィジョンの策定、④問題解決のアイデア試行、⑤成果を見える化する評価、そして実装へと、社会問題開発手法のプロセスを共有することを意図しています。

主宰:同志社大学総合政策科学研究科ソーシャル・イノベーションコース服部研究室