奄美合宿「生物多様性の維持と観光産業の両立」 <終了しました>

11月2~4日、宇検村を中心に、奄美合宿を行います。

お題は、「生物多様性の維持と観光産業を両立させる持続可能な地域をデザインする

奄美大島はこれまで開発が進んでいなかったことにより、生物多様性が保全されてきた土地柄です。沖縄とも本土とも異なる独特の歴史・文化が創られているところでもあります。島外への人口流出が進んでいる一方で、LCCの就航、奄美群島国立公園の誕生もあって、観光客数は年々増加を続けています。現地では、観光産業に対する期待も高まっていますが、奄美で雇用を創出する一方、奄美に残されている生物多様性を維持しつつ、持続的、自立的な地域づくりを考えることが求められています。

フォーカスエリア:宇検村

訪問先は、現地で活躍するビジネスの方をはじめ行政、町長、観光協会、地域協力隊など多様な方々との対話を通じて課題に向き合います

募集要項
開催日程:2017年11月2日~4日
募集人員:6名~12名程
参加費:30,000円
2朝夕食、島内交通費が含まれています

*渡航費が別途必要となります。各自でご手配ください。
※合宿参加のみの場合には、参加費は40,000円となります。
宿泊予定やけうちの宿(コテージタイプ1室3名利用想定)
集合解散場所:奄美空港
集合:11月3日、16時半奄美空港、
解散:11月5日、16時頃奄美空港

お申し込みはこちらから